ホーム  >  カーボンフリー化への取り組み

CO2排出量プラスマイナスゼロ! カーボンフリー化への取り組み

tit_08  

省エネ機器販売量(CO2削減効果)に応じた排出枠を参加企業に付与するという独自の仕組みにより、省エネ機器の普及を促進するとともに、参加企業のカーボンオフセットを推進、CO2排出量プラスマイナスゼロ[カーボンフリー企業]へと導きます。



tit_09

自らが排出する温室効果ガス(CO2)の量を認識し、これを削減する努力を行うとともに、削減困難な排出量に関して、他で実現した温室効果ガスの排出削減枠(クレジット)を購入するなどして、排出量の全部を埋め合わせた企業です。

1
tit_10



3

カーボンフリー企業への第1歩は、自らが排出するCO2(温室効果ガス)の量を認識することからはじまります。その目に見えないCO2排出量を、参加企業様にかわって算出します。


4

参加企業様には、省エネ機器の普及を促進することで削減できたCO2の量と相当の排出枠を付与します。この排出枠と、企業活動において削減が困難なCO2排出量をオフセットすることにより。参加企業様をカーボンフリー企業へと導きます。


 

6

カーボンフリーとなった参加企業様には、認証手続きを行います。第三者機関によって認証されたカーボンフリー証書と、名刺や会社案内・企業広告等にご活用いただける認証マークをGREEN BALL PROJECT COMMITTEEより付与します。環境優良企業としてのブランド価値を広くアピールすることが可能です。

カーボンフリー企業リスト

カーボンフリー認証マーク使用規定

2



GREEN BALL PROJECT COMMITEE とは

tit_02


tit_03


グリーンボールプロジェクト(以下、GBP)において、参加企業様のCO2排出量の算定活動とCO2排出削減のための活動を促し、また、参加企業様が自社の企業活動で排出したCO2量を認証された排出削減量(以下、クレジット)で相殺(以下、オフセット)し、CO2を排出しないカーボンフリー企業になることや、CO2を排出しないカーボンオフセット・イベントを推進することで、「地球環境の保全」と「地球温暖化防止」活動を支援するために設立された委員会です。

環境保全活動や環境監視等に精通した民間有識者からなる第三者組織として、客観的な立場からグリーンボールプロジェクト参加企業様のCO2排出量に関する情報を確認して、認証します。



tit_04


GREEN BALL PROJECT COMMITTEEは、次のような業務を行います。

  1. GBPにおいて推進するカーボンフリー企業及びカーボンオフセットイベント創出の仕組みの構築

  2. GBPにおけるカーボンフリー企業の認定(GBP参加企業の企業活動で発生するCO2量の算定方法の確認、CO2削減活動の実態、クレジットの償却移転状況の確認も含む)

  3. GBPの活動としての「省エネ機器の販売・設置により得られたCO2削減効果量※」の確認

   ※GBPで対象とする環境改善機器の基準品とのエネルギー消費削減量をCO2量に換算したもの




tit_05

氏名

職位

所属

魚住 隆太氏
(うおずみ りゅうた)
委員長 魚住サステナビリティ研究所_代表〔公認会計士、環境計量士〕
渡邉 泰宏氏
(わたなべ やすひろ)
委 員 兵庫県立大学大学院 会計研究科_教授
山岸 尚之氏
(やまぎし なおゆき)
委 員 WWFジャパン(公益財団法人世界自然保護基金ジャパン)自然保護室_気候変動・エネルギーグループリーダー
奈鬼羅 淳司氏
(なきら あつし)
事務局 株式会社山善 経営企画部 CSR推進室_室長




tit_01


認証制度の体制