• ホーム
  • 会社情報
  • 事業概要
  • 採用情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・CSRへの取り組み
ページのトップに戻る

株主・投資家情報|IR

ホーム  >  株主・投資家情報  >  中期経営計画

中期経営計画

山善では現在、2021年度を最終年度とする中期(3ヵ年)経営計画「CROSSING YAMAZEN 2021」を遂行しています。


「CROSSING YAMAZEN 2021」の趣旨

CROSSING_C

山善では今期から2021年度を最終年度とする3カ年の中期経営計画「CROSSING YAMAZEN 2021」をスタートさせました。「CROSSING」には、これまで培ってきた専門商社機能を最大限に発揮して、様々なものをかけ合わせ、新たな価値を生み出し、変化に対応していく、という意味が込められています。

「CROSSING YAMAZEN 2021」では2021年度の売上高6,100億円、営業利益220億円とし、その達成に向け5つの大方針を掲げています。


中期経営計画


「CROSSING YAMAZEN 2021」5つの大方針

5つの大方針のポイントと主な取り組みテーマについて説明します。


1.国内事業の強化

主要取り組み
テーマ
●省人化・自動化ニーズへの対応強化

●将来有望な市場の開拓・強化

・電気自動車(EV)

・食品、薬品、化粧品(三品市場)

・農業

・航空宇宙等


2.グローバル展開の加速

主要取り組み
テーマ

●成長市場の強化(インド等)

・拠点/テクニカルセンターの増設

●自動化需要の取り込み

・自前で技術対応できる体制づくり、SIerとの提携

●海外物流の整備による業務・物流の効率化
●安全保障貿易に対応した輸出管理体制の強化


3.機能商社化による収益力強化

主要取り組み
テーマ

●省人化・自動化ニーズへの対応強化

・エンジニアリング機能の強化、SIerとの提携

●エネルギーソリューション事業の強化
●新経営基幹システムへの刷新
●デジタル営業支援ツールの活用


4.eコマースの拡充

主要取り組み
テーマ

●家庭機器事業部のネット販売拡大

・ユーザビリティ向上を通じた、ロイヤリティ獲得と維持

・専門店としての品揃え・付帯サービスの拡充

・新規(モール)出店

●海外機工でのグローバルeコマースの検討
●物流機能の強化


5.事業拡大を支える経営基盤の強化

主要取り組み
テーマ
●ERP等導入によるグローバルでのシステム統合



「CROSSING YAMAZEN 2021」の定量計画(2019.5)

■損益計画

(単位:百万円)

2019年度
(第74期)

2020年度
(第75期)

2021年度
(第76期)

売上高 530,000 563,500 610,000
営業利益 16,000 17,500 22,000
営業利益率 3.0% 3.1% 3.6%
■今後5年間の投資予算枠

事業投資枠(アライアンス含)

200億円
事業承継、M&A、新規事業等

初期システム投資枠

100億円
新システム初期構築費用

設備投資枠

300億円
物流整備等

合計

600億円
 
■主要財務指標(計画)
 

2019年度
(第74期)

2020年度
(第75期)

2021年度
(第76期)

総資産営業利益率(ROA) 6.6% 6.5% 7.5%
総資本回転率 2.17回 2.09回 2.08回
キャッシュフロー・マージン率 3.2% 3.0% 3.5%