ホーム  >  グリーンボールプロジェクトQ&A

ご質問にお答えします!グリーンボールプロジェクトQ&A

Q1 排出枠(権)って何?
A1 正式名は温室効果ガス排出権で、温室効果ガスを排出する権利のことですが、一般的にはクレジットと呼ばれています。京都議定書で有名になった国連認定の「CER」が代表的なもので、他に「AAU・VER・ERU」などがあります。現在の日本では、国内で通用するクレジットとして、「J-クレジット」「国内クレジット(経済産業省)」「J-VER(環境省)」があり、他に東京都や埼玉県が運営する「クレジット」、JCM(二国間クレジット)などがあります。
クレジットは、「キャップアンドトレード」「ベースラインクレジット」と呼ばれる方式で創出されます。具体的には空調機器やボイラなどの設備更新や再生可能エネルギー機器の導入によりエネルギー使用量が削減された効果や、植林事業でCO2を吸収した効果を数値化したもので、t-CO2という単位で取引されます。
Q2 国別登録簿システムって何?
A2 国別登録簿とは、京都議定書におけるクレジット(初期割当量(AAU)、吸収源活動による吸収量(RMU)、共同実施事業により発生する排出削減単位(ERU) 及びクリーン開発メカニズム事業により発生する認証された排出削減量(CER))の発行・保有・移転・取得・取消・償却を行うための登録簿です。
京都メカニズムを活用することにより取得されたクレジットを記録する電子的な登録簿であり、我が国においては地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)に基づき、 環境省及び経済産業省が共同で整備を進めるとともに、国別登録簿管理者として共同で運営管理を行うこととされています(地球温暖化対策の推進に関する法律)。
国内法人がクレジットの取得、保有及び移転を行うためには、温対法に基づき環境大臣及び経済産業大臣に申請して管理口座の開設を受けていただくとともに、 温対法に基づく各種手続を行っていただく必要があります。
Q3 東京都メカニズムってどういうもの?
A5

東京都は、2002年4月に大規模事業所を対象に温室効果ガスの排出量の算定・報告、目標設定等を求める「地球温暖化対策計画書制度」を導入し、更に2005年からは削減対策への都の指導・助言及び評価・公表の仕組みを追加して、事業者の自主的かつ計画的な対策を求めてきました。 こうした実績を踏まえ、対策レベルの底上げを図るとともに、都内のCO2排出総量の削減を実現するため、2008年7月に環境確保条例を改正し、「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」を導入しました。削減義務は2010年4月から開始されます。
この制度は、EU等で導入が進むキャップ・アンド・トレードを我が国ではじめて実現したものであり、オフィスビル等をも対象とする世界初の都市型のキャップ・アンド・トレード制度となります。
排出量取引制度では、大規模事業所間の取引に加え、都内中小クレジット・再エネクレジット・都外クレジットが活用できます。対象事業所は自らの削減対策に加え、排出量取引での削減量の調達により、経済合理的に対策を推進することが出来る仕組みとなっています。

※詳細は東京都環境局公式サイトをご覧下さい。

その他グリーンボールプロジェクトに対する疑問点や不明点につきましては下記メールフォームより お問い合わせください。